借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » 借金相談で気になる事 » 生活保護を受けている時に借金はできる?

生活保護を受けている時に借金はできる?

読了までの目安時間:約 2分

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s

生活困窮者に認められる生活保護というものがあります。何らかの理由があって働けない人が受給するものですが、最近は不正受給者も増えているようです。
この生活保護を受けている間でもお金に困るということはあると思います。その場合は借金をしなければならないという考えに至ると思いますが、生活保護を受けていても借金はできるのでしょうか?
生活保護を受けていても借金をすることは可能です。しかし生活保護を受けている時は、収入が合った場合は必ず役所にそのことを伝えなければなりません。
そして借金で得た金額はその人の収入とみなされますので、その収入の分生活保護から減額されるのです。つまり借金をすればするだけ生活保護が少なくなるので無駄になるということです。
ですので生活保護を受けている間はしゃっきんをすることはおすすめできません。借金をしてもそれを言わなければいいのでは?と思うかもしれませんが、その場合は不正受給とみなされる可能性が高くなります。
最近は不正受給者が多くなってきていますので、役所も生活保護受給者の動向に厳しくなっています。ですので申告しなかったらそれがバレてしまう可能性が高いので、不正受給とみなされれば高額の支払いを命じられることもあります。
生活保護を受けている間はしっかりと家計を管理し、可能であれば貯金もしておくことです。そしていち早く働ける状況になるように努力しましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報