借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » アーカイブ

個人再生のデメリット

読了までの目安時間:約 2分

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

債務整理の中に個人再生という手続きがあります。
これはマイホームを所有しており、そのマイホームを手放したくない人におすすめの手続き方法です。
自己破産の場合は借金の支払い義務がなくなる代わりにマイホームなどの高価な財産を手放す必要があります。
しかし個人再生は大幅な借金の減額の代わりに、マイホームを手放す必要がないのです。
では個人再生のデメリットについて紹介しましょう。

 

一つ目はブラックリストに載る事。
債務整理をすれば避けられないのがブラックリストです。
個人再生の場合は5~10年掲載されると言われており、この期間は新規の借入などができません。

 

二つ目は国が発行する官報に名前などが掲載されること。
これも自己破産同様ですが、官報に住所・名前が掲載されます。
一般の人は見る機会はありませんが、見られた場合は債務整理をしたことはすぐに知られてしまうでしょう。

 

三つめは毎月の収入があること。
個人再生は大幅な借金の減額です。
ですので個人再生終了後も、継続して借金を返済していく必要があります。
現在安定した収入がない場合は個人再生を行うことが出来ませんので注意してください。

 

また個人再生はマイホームを手放す必要がありませんので、住宅ローンもそのまま残ります。
住宅ローンは個人再生の対象に入りませんので、減額もされません。

自己破産のデメリット

読了までの目安時間:約 2分

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

借金の額が高額で、この先返済が出来なくなりそうな時は自己破産を行うことをおすすめします。
自己破産を行い、免責が下りれば支払い義務は消失します。
つまり借金がゼロになるので、新たなスタートを切れるというわけです。
しかしこの自己破産、デメリットも多いもの。
ここでは自己破産のデメリットについて紹介するので、今後の参考にしてくださいね。

 

まず一つ目はブラックリストに載ること。
これはどの債務整理を行っても必ず起こることですが、自己破産の場合は10年ほど載るとされています。
つまりその期間は新規の借入などはできないので要注意です。

 

二つ目は国が発行する官報に名前が掲載されること。
自己破産をすると、住所や名前が官報に掲載されます。
一般の人は見る機会もありませんが、万が一誰かに見られれば自己破産したことがバレてしまいます。

 

三つめは職業制限があること。
自己破産を行うと職業制限をされます。
一部の職に就けなくなりますし、現在その一部の職種に就いている人は退職して新たな仕事を探さなければなりません。

 

メリットも大きいですが、デメリットも相応に大きいのが自己破産です。
行う際は慎重に考えてからにしましょう。
わからない場合は弁護士に相談してみることをおすすめします。

任意整理のデメリット

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

債務整理の中でも最も利用者が多い任意整理。
複雑な手続きが必要ありませんし、借金の減額が出来ることからちょっと借金に困っているという人が行うものです。
しかしこの任意整理を行うにあたって、デメリットもあります。
困っている場合はこのデメリットを踏まえて任意整理を行うといいでしょう。
ではそのデメリットについて紹介します。

 

まず一つ目はブラックリストに載ることです。
新規の借入・クレジットカードの申込み・ローンを組むことができなくなります。
これは約5年間続くとされているので、その間は上記のことができないと思っておきましょう。

 

二つ目は他の債務整理と比べて、減額する額が高くない事。
自己破産は支払い義務の消失、個人再生は大幅な借金の減額が可能です。
しかし任意整理は過払い金の有無によって借金がどれだけ減額するかが変わります。
過払い金がなければ減額もできませんので、その点もデメリットと言えるでしょう。

 

三つめは任意整理に応じる会社と応じない会社があること。
以前までは専門家が任意整理を行えばスムーズに進んだのですが、最近は専門家でも難航するケースが増えているようです。
最悪の場合は任意整理ができずに、何も変わらないまま依頼料だけがかかったなんてことも。
事務所選びは慎重に行いたいですね。

弁護士と司法書士の違いについて

読了までの目安時間:約 2分

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

借金の整理をするとなると弁護士か司法書士となりますよね。
この二つは大手事務所がたくさんありますし、全国対応のところばかりです。
なので場所によってどちらにするか悩む必要はありません。

 

しかしこの二つ、どんな違いがあるのでしょうか?
きちんとした違いが分からなければ依頼するのも不安ですよね。
ここではその二つの違いについて説明したいと思います。

 

まずは弁護士ですが、弁護士はどんな案件でも取り扱いが可能です。
借金額が多い自己破産や個人再生など、どの案件も全て請け負ってくれます。
司法書士は取扱い案件に限りがあります。
総借金額が140万以下の案件であれば司法書士にお任せできるのですが、140万を超える案件に関してはお任せできません。
しかしどんな手順で進めるかなどは教えてくれるので、実行するにあたってのサポート役と思っておきましょう。

 

つまり任意整理や過払い金請求などであれば司法書士でいいのですが、自己破産などを行うのであれば弁護士が良いということです。
その分弁護士は依頼料が高くなっています。
司法書士と比べて10~30万近くの差が出ることもあるので、その点も考慮してどちらに依頼するかを慎重に決めましょう。
当サイトでは司法書士事務所・弁護士事務所を紹介していますので、そちらも参考にしてくださいね。

借金相談は司法書士と弁護士のどちらにすればいい?

読了までの目安時間:約 2分

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

借金に困り、長期の延滞をすると大変なことになります。
強制的に口座の差し押さえを行われたりすることもありますし、延滞すれば延滞するほど遅延金も多くなります。
ですので延滞をして良いことなんて一つもありません。

 

借金に困った時は債務整理をすることを考えましょう。
債務整理をすれば借金の減額が可能なので、今よりもグッと負担が軽くなりますよ。
また交渉次第で毎月の返済額を下げることも可能なので、それができればもっと楽になりますね。

 

この債務整理ですが、専門家に依頼するとなれば司法書士か弁護士となります。
全国にどちらもいますし、大手であれば出張面談もしてくれます。
ですので最寄りにどちらがあるかで考える必要はありません。
ではこの二つのどちらに依頼するのが得策なのでしょうか?

 

まず司法書士は取り扱える案件に制限があります。
ですので自己破産や個人再生は司法書士には任せられないので、司法書士はサポート役と思っておきましょう。
弁護士は制限がありませんので、自己破産でも個人再生でもどちらでも全てお任せできます。

 

こう見ると弁護士の方が良いような感じもしますが、何でもお任せできる分費用もお高め。
司法書士の方が割安となっている事務所が多いので、その点も考慮してどちらに依頼するか決めましょう。

ブラックリストってどんなもの?

読了までの目安時間:約 2分

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

ブラックリストという言葉を聞いたことがありますか?
金融業界で使われている用語で、あまり良くないものだということはおわかりいただけると思います。
このブラックリストに載ると、新規の借入ができない・ローンが組めない・クレジットカードが作れないといったことがあります。
新たに借金をする心配がないという意味では良いのですが、やはり不便な時もあります。
ですのでこのブラックリストには極力載らないようにしたいものです。

 

そもそもこのブラックリストですが、その名の通りリストというわけではありません。
ブラックリストというリスト自体は存在しないのです。

 

まずお金の借入やクレジットカードの申込みを行うと、信用情報機関に顧客情報が掲載されます。
そして借金の延滞や自己破産、任意整理などの債務整理を行った場合は、そこに事故情報が追加されるのです。
このように信用情報機関に事故情報が掲載されることを、ブラックリストに載ると言います。

 

ブラックリストは「事故情報」「ブラック情報」と呼ばれることもありますが、いずれも意味は一緒です。
上記に書いてあるように、ブラックリストに載るとデメリットが多くなります。
しかし債務整理をしなければならない状況にあるのなら、ブラックリストに載ることをデメリットと思わずに実行しましょう。

債務整理をすると会社にバレる?

読了までの目安時間:約 2分

78791a3dc5aa3ff44e5b0dde187f2bf6_s

借金の額が膨大なものになり、もう返済できないと思った時に債務整理をしようと考える人は多いと思います。
債務整理をすれば借金の整理をすることができるので、今のように返済に困ることもありません。
ただ多くの人が心配するのが、会社にバレてしまわないかということなんです。

 

会社に債務整理をするということを知られても特に支障がないなんて人はいないと思います。
借金をしていること自体バレてしまいますし、その返済に困っていることも知られてしまうのです。
そうなると会社の人達に陰で何を言われるかわかりませんので、会社に居づらくなりますよね。
仕事にも支障が出て、そのまま退職せざるを得ないなんてことにもなりかねません。

 

しかしそんな心配は無用です。
何故なら債務整理をすることが会社に知られる可能性はまずないからです。
これはどの方法を取ってもそうですが、自己破産と個人再生の場合は少し事情が変わります。
この二つを行うと、国が発行する官報というものに名前が掲載されます。
一般の人はまず見る機会がないので心配いりませんが、もしかしたら見られる可能性があるということは覚えておきましょう。

 

もし任意整理や過払い金請求をするのでしたら、まず知られることはありません。
この二つなら家族にも内緒でできるので、誰にも知られずに依頼を完了させることもできるんですよ。
どうしても心配な人は、依頼する事務所のスタッフに聞いておきましょう。

多重債務に陥った時の対処法

読了までの目安時間:約 2分

gdgaaaf

一つの会社からお金を借り、どんどん借りてしまって今は100万以上の借金が・・。
そうなると月々の返済も困るのではないでしょうか?
月々の返済に困ると延滞してしまうことになりますが、そうなると督促が行われます。
ほとんどの人はそれを避けようと、他社からお金を借りてそれを返済に回すのです。
それが2社、3社と増えていき、気付けば5社以上の会社からお金を借りているということにもなりかねません。
複数の会社から借りると、もう新規の借入は難しくなります。
新規の借入ができないとなると、そのまま多額の借金を抱えて自己破産なんてことに。

 

多重債務に陥ったら、まずは借金を一つにまとめることにしましょう。
銀行が提供しているサービスの中に、おまとめローンなどがあります。
また借金の借り換えなども同じ意味です。
そちらで一本にまとめることで、随分と借金の返済が楽になりますよ。

 

ただこれをするには、やはり毎月安定した収入があることが条件です。
一つにまとめた後は、それを長期に渡って返済していかなければなりません。
そして一つにまとめた後は新規の借入をしないことが重要です。
また新たに借入をしては、まとめた意味がなくなります。
絶対に借りないようにしてくださいね。

 

もしおまとめローンができなかった場合は、債務整理をすることを検討しましょう。
当サイトでは多重債務者専用の事務所を紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

金融機関からの取り立てにお困りの方

読了までの目安時間:約 2分

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

お金を借りたけれど、返済に困って現在は延滞している・・。
そんな人は金融機関から取り立てをされているのではないでしょうか?
取り立てをされると精神的にも気が滅入ってしまいますよね。
また督促されているから、早く返さなくてはとプレッシャーを感じます。
でも返済するお金がないとなれば、他の業者からお金を借りて返済・・という自転車操業に陥る可能性が高いです。
そうなると借金はどんどん膨れ上がり、最終的には自己破産なんてことも。
そうならないためにも、返済に困ってもう返せないという状態の時にすぐ行動しましょう。

 

実行してほしいのは、債務整理を検討すること。
債務整理は四つの種類がありますが、いずれも借金の減額や支払い義務をなくすことが可能。
借金の総額によってどの方法をとるかを決めるといいでしょう。

 

もしわからなくても大丈夫です。
司法書士や弁護士に相談すれば、あなたに最適な債務整理について紹介してくれます。
そのまま依頼すれば、金融機関からの取り立てもストップします。
依頼終了後は借金の返済が随分と楽になるので、その後は無理のない返済をすることができるのです。

 

いかがでしょうか?
借金に困ってずっと延滞し続けるのは良くありません。
こういった方法をとることで金銭的にも精神的にも安定するので、早めに手続きをしましょう。

債務整理を自分で行うには

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

債務整理を自分で行いたいと考える人もいると思います。
債務整理は自分でもできます。
ただ中には手続きが複雑で、途中で断念してしまうことも。
複雑なのは個人再生と自己破産です。
任意整理や過払い金請求は自分でもできるので、そちらを紹介しましょう。

 

どちらもまずは過払い金があるかを調べます。
借りている、または借りていた会社に取引履歴を請求します。
それが届いたら過払い金があるかを調べるのですが、ネットには必要な情報を入力すれば過払い金があるかを調べることができるものがあります。
自分で調べるとなると大変なので、そちらを利用するといいでしょう。

 

過払い金があれば後はその会社との直接交渉です。
過払い金があるのでそれを返還することを交渉し、和解できれば返還日の指定や返還金額を決めることとなります。
これらがスムーズに行けばいいのですが、素人が一人でやるには困難な物。
なぜかというと、相手が法律家でないとわかったら過払い金を全額返すことを渋ってくるからです。

 

ほとんどの金融機関は60%~70%の返還で和解に応じると提案してきます。
これが司法書士や弁護士が相手となると、全額の返還にあっさり応じてきたりもするのです。
ですのできちんと金融機関と戦えるというのであれば自分で行った方がいいのですが、それが無理そうだと感じるなら初めから専門家にお願いした方がすぐに済みますよ。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報