借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » アーカイブ

債務整理後の生活

読了までの目安時間:約 2分

6c6ed4178ae4b96e9a8890823edd1ee5_s

借金の返済に困っているから債務整理をしたいと考えても、債務整理後の生活に不安を覚える人も多いでしょう。
債務整理をした後はどんな生活になるのか、今まで通り普通に暮らせるのか・・。
そう思うと債務整理に踏み切れないのも当然かもしれません。
ではここで債務整理後の生活について紹介しましょう。

 

まずは任意整理をした場合。
任意整理をした場合は特に生活に変化はありません。
むしろ借金が減額されているので、少なくなった借金を完済することを目標にすればいいのです。
それ以外は毎月返済があること以外変わりません。

 

次に個人再生をした場合。
個人再生をした場合も特に変わりはありません。
こちらも任意整理同様借金の減額が行われますので、減額された借金をきちんと返済することを頭に入れておけばOKです。
マイホームも維持できますし、仕事も変わりありません。

 

最後に自己破産をした場合。
この場合は大きく生活が変わります。
マイホームを所持していても自己破産によって手放す必要があるので、住居も変わります。
そして高価な財産を失うことになるので、車などがあればそれも当然失うでしょう。
また自己破産をすると一部の職種に就くことができなくなるので、もしからしたら仕事を変えることにもなるかもしれません。
ですので自己破産をすると生活が一変すると思ってもらって構いません。
ただそれまであった借金が一切なくなるので、精神的にも随分と楽にはなると思いますよ。

女性の借金の理由

読了までの目安時間:約 2分

2f595c547cbfd4da8479813c26a87576_s

女性でも借金を抱える人は多くいます。
女性はストレス発散のために多額のお金を使う傾向にあるため、多くの人が買い物でストレス発散していることでしょう。
それが自分の収入の範囲内で収まるであれば問題ありません。
しかしストレスがたくさん溜まっている時は、休みのたびに大量の買い物をしてしまうこともあるでしょう。
そうなればお金がなくなるのも当然です。
そこで我慢できればいいのですが、それが原因で余計にストレスが溜まってしまいます。
そして結局借金をして買い物をしてしまうという悪循環に陥るのです。
これが一月であれば問題ありません。
きちんと返済すればいいからです。
ですが毎月のように繰り返せば借金も大きくなります。
気付けば数百万の借金になっていたなんてこともあるでしょう。
そうなると返済も難しくなるので、債務整理をしなければならないなんてことにも。

 

また結婚している女性に多いのが近所付き合いでの出費。
近所付き合いとは言ってもたくさんのお金がかかることには変わりありません。
特に毎日ランチなんてしていれば出費も高額となるでしょう。
付き合いのためだからと我慢して出費するのはいいですが、やはり限界がくるものです。
その時に借金をしてまで付き合いを継続させる人もいますが、無理な時は断る勇気も必要ですよ。

男性の借金の理由

読了までの目安時間:約 2分

41d0394f9284db86da32e2e317d54e5f_s

全国には借金をしている人がたくさんいます。
ここを読んでいるあなたも借金があるのかもしれませんね。

 

男性が借金をする理由として多いのが、ギャンブルではないでしょうか?
ギャンブルは依存度が高いものですし、どれだけお金をつぎ込んでも当たらない時は当たりません。
しかし勝った時の高揚感が忘れられず、その時の気持ちをまた味わいたいがためにどんどんお金をつぎ込んでしまいます。
そしていつの間にか借金をしてまでギャンブルをしてしまうのです。
借金をしてまでギャンブルをしてしまうことをギャンブル依存症と言います。
これは立派な病気に該当しますので、もし上記の状態にあるのならギャンブルをする時間を病院に通う時間に費やしましょう。
きちんと治療すればギャンブルから離れることもできますよ。

 

またこれは女性に多いのですが、買い物癖で借金をしてしまう人もいます。
これはブランドが好きな人に多い傾向があります。
ブランド品をたくさん揃えたい、ブランド品で身を固めたいという人は毎月ブランド品を買うことに一生懸命になるでしょう。
しかしブランド品は高級なもの。
給料の範囲内であったとしても何点も買えるものではありません。
でも我慢したくないから借金をしてまで購入してしまうのです。
借金をすることは悪いことではありません。
しかし返済できなくなるまで借金をしては生活に支障が出ます。
ですのでお金を借りる際は計画的に、そして返済できる金額だけを借りるようにしてください。

消費者金融の取り立てはどんなもの?

読了までの目安時間:約 2分

71df6e4f0e6d17ce6489f1052731be5a_s

消費者金融からお金を借りているけど、もし返済を延滞するとどうなるの?と不安に思う人も多いでしょう。
もしかしたら怖い取り立てがあるかもしれない・・と思うと借りる事自体躊躇してしまいますよね。

 

しかし怖い取り立てがあるのは闇金だけだと考えていいでしょう。
消費者金融などの正規の業者は荒っぽい取り立てはまず行いません。
自宅に来ることもないと考えていいですよ。

 

しかしもちろん督促は行います。
まずは電話から行い、電話に出なければ通知を郵送してきます。
それが一時続きますので、その間に業者に電話して返済する意思をきちんと伝えておくことが大事です。
しかしそれもせずに放置していれば、今度は差押えが行われます。
これが行われるのは相当な期間を要します。
ですが債務者から何も返事がなければ差押えを行うことは当然と言えば当然です。
差押えは強制的に行われますので、自分では止めることはできません。
借りたお金を返済しないのですから仕方のないことです。
差押えは口座や給料から行われます。
もちろん差押えをする前に通知が来ますので、突然お金を奪われるわけではありません。
ですので差押えを行われた後で抗議しても意味がありませんので、早めの段階で返済しておきましょう。

返済を延滞することでのデメリット

読了までの目安時間:約 2分

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

金融業者からお金を借りているけど、今月は生活費がきついから返済できそうにない・・。
そんな事態に陥ることは誰にでもあります。
そんな時、あなたならどうしますか?
返済できるお金が用意できるまで、延滞してしまおうと考える人も多いのではないでしょうか?

 

確かに延滞すればその時は楽です。
督促の電話が当然きますが、それも無視してしまえばいつかは止まります。
ですが返済を延滞することでのデメリットを考えるとそうも言ってられません。
まず返済を延滞すると遅延金がつきます。
これは延滞する日が長ければ長いほど高くなるので、借金総額も増えます。
また延滞期間が長引けばブラックリストに載る可能性も高くなります。
これは金融業者によってどれくらいの期間でブラックリストに載るかはわかりませんが、三か月もすればブラックリストに載ってしまうでしょう。

 

ブラックリストに載るとそれからの新規の借入は難しくなります。
またローンを組むことも難しくなりますので、デメリットばかりです。
新たに借金をする心配がないと考えればいいですが、時には本当にお金が必要な時もあるでしょう。
そんな時に借りられないとなると困りますよね。
ですのでその事態を防ぐためにも、延滞せずにきちんと毎月返済することが大事です。

どれくらいの借金なら債務整理が可能?

読了までの目安時間:約 2分

gdgaaaf

借金があるから債務整理をしたいと考えても、どれくらいの借金額から債務整理が出来るのかわかりませんよね。
これは本人の収入にもよります。
本人の収入の三割を超える返済が毎月あれば、毎月の返済はとても苦しいものとなります。
また複数の借金があればそれだけでも毎月金銭的に苦しいでしょう。

 

ですので本人が借金の返済が厳しく、できれば借金の整理をしたいと考えた時にすべきなのが債務整理です。
もしこの額でもしてもいいの?と迷ったら、司法書士や弁護士に相談してみるといいでしょう。
相談は無料で行っているところが多いので、債務整理をすべきかを聞くだけならお金もかかりません。
相談は電話やメールで行う事が可能です。

 

しかし債務整理をするかどうかもわからないのに相談しにくい・・と考える人も多いでしょう。
その場合は一部のホームページで行われている簡単診断をしてみましょう。
いくつかの情報を入力するだけで、あなたに合った債務整理について紹介してくれます。
とても簡単に出来ますし無料なので気軽に試すことができますよ。
借金を抱えていることは誰にとっても精神的に負担になるものです。
すぐに完済できればいいのですが、完済するまでが長くいつ完済できるかも不安という人は債務整理を行うことをおすすめします。
ただ債務整理にはデメリットも存在しますので、その点も踏まえた上で依頼しましょう。

個人再生のメリット

読了までの目安時間:約 2分

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

債務整理の手続きの一つである個人再生。
この個人再生のメリットと言えば、やはりマイホームを維持できることでしょう。
個人再生はマイホームを維持したまま借金の大幅な減額ができます。
自宅を購入したけど手放したくないという人にピッタリの債務整理なのです。
多額の借金がある人は自己破産をとるという手続きもあります。
しかし自己破産をするとマイホームを手放さなければなりません。
せっかくマイホームを購入したのに多額の借金があってどうしようもできない・・。

 

そんな時は個人再生を行いましょう。
ですが個人再生の場合、マイホームを維持できるので住宅ローンを減額することはできません。
住宅ローンは今までと変わらずに返済する必要があるので、その点も覚えておきましょう。
また個人再生は借金の大幅な減額です。
ですので手続き終了後も返済していく必要があるのです。
このことから個人再生を行うには安定した収入がきちんとあることも条件となります。
条件を満たせない場合は自己破産の手続きを行わなければならないので、この点は注意しておきましょう。

 

個人再生のメリットは以上のことになります。
条件もありますし、手続きも債務整理の中でも最も複雑なのが個人再生です。
手続きをする際は弁護士に依頼するようにしましょう。

自己破産のメリット

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

多額の借金を抱えているのにも関わらず返済不能になった場合、自己破産の手続きを行う必要があります。
自己破産の手続きをして免責が下りれば、借金の支払い義務は免除されます。
ですので自己破産のメリットは借金がゼロになって新たなスタートをきれることです。

 

多額の借金を抱えていた頃は、金銭的にも精神的にも余裕のない日々が続くでしょう。
毎月の返済、そしてどれだけ返済すればいいのか。
きちんと仕事をしていても、返済に回す額が多ければ多いほど余裕がなくなります。
何かを買いたいと思っても何も買うことができず、節約の日々が続くでしょう。
それは金銭的だけでなく、精神的にもストレスが溜まるもの。
自分の責任で多額の借金を抱えることになったからと考えても、やはりストレスも溜まります。
そのストレスが溜まりすぎると体調不良になったり、精神的に不安定になることもあります。
それが原因で働くことが出来なくなれば収入もなくなるので返済できなくなります。
その後は督促が続く毎日です。
余計に気が滅入ってしまうことになるでしょう。

 

自己破産はその督促を止め、借金の支払い義務を免除します。
本当にゼロからのスタートになるので、デメリットが多いと感じるのも無理はありません。
しかしどうにもできない状況で何もしないままというのは良くありません。
もう返済できないと感じたら自己破産の手続きをしましょう。

任意整理のメリット

読了までの目安時間:約 2分

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

債務整理の中の任意整理は多くの人が利用する手続きの一つです。
この任意整理をすることでのメリットは借金が減額することです。
過払い金があれば過払い金の額だけ借金を減らすことができますし、場合によっては借金がゼロになる事も。
そして借金がゼロになった上に過払い金が返ってくる可能性もありますよ。

 

しかしここで気になるのが過払い金がなかった場合。
過払い金がなければ任意整理にメリットはないの?と疑問に思うでしょう。
そんなことはありません。
任意整理を司法書士や弁護士にお任せすれば、専門家が金融業者と借金について交渉してくれます。
交渉内容は借金の減額についてです。
申し込み者がきちんと完済できる金額にまで借金を減額することを話し合い、それが和解すれば借金を減らすことができます。
これは大きなメリットと言えるでしょう。

 

任意整理は依頼後も返済する場合が多いので、返済能力があることも必要です。
借金が減るのですから、その後もきちんと返済していきましょう。
以前よりも借金が少なくなっているので負担も軽くなりますし、精神的にも楽になりますよ。
また依頼後の返済は利息がカットされているので、減額された借金を返していけばOKです。
任意整理にはこのようなメリットがあります。

過払い金の有無を自分で調べるには

読了までの目安時間:約 2分

6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s

最近テレビでもよく過払い金について耳にするようになったので、以前借入をしていたことがある人は自分にもあるのではないかと気になりませんか?
もし過払い金があったら、それを返還してもらうことが可能です。
払い過ぎた利息なのですから、きちんと返還してもらいましょう。

 

過払い金については事前に自分で調べることもできます。
まずは借りていた金融業者に借入期間の取引履歴を郵送してもらってください。
ほとんどの業者は問題なく送ってくれますが、中にはそれを渋る業者も。
しかし取引履歴を開示しないのは違法にあたります。
ですのでその旨を伝えれば開示してくれますよ。
取引履歴が届いたら、まずはどれだけの金額を返済したかを確認します。
そして借入額を現在定められている法定金利に計算しなおします。
二つの金額を見れば、差があることがわかるでしょう。
その差が過払い金となります。

 

これを自分で計算するのはとても大変なことです。
また金利の計算法に基づいて計算するのも面倒なことですし、計算が苦手な人は諦めてしまうかもしれません。
その場合はネットにある計算ソフトを使いましょう。
検索すればいくつも出てきますので、それを使えば簡単な入力だけで計算ができます。
もし過払い金があれば、司法書士や弁護士に依頼して請求するといいですよ。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報