借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » アーカイブ

借金返済には生活を見直すことも大事

読了までの目安時間:約 2分

2b6e6946bea8dbbf55ae2fe6db51da6b_s

借金をしていれば裕福な生活はまず望めません。
これは誰もがわかっていることですが、中々生活の水準を下げるというのは難しいこと。
今よりも生活が苦しくなるなんて嫌。
節約なんてしたくない。
これがほとんどの人の本音だと思います。
しかし借金を背負っているのに贅沢なんてできません。
逆に借金を完済してしまえば生活にも余裕が出来て贅沢ができるようになります。
ですのでまずは借金を完済することを目指しましょう。

 

生活を見直すには、まずは毎月の収入と出費を確認しましょう。
一ヵ月の収入を知り、一ヵ月にどれくらい出費があるかを見てみます。
買い物などでもらったレシートは家計簿などに挟んでおくといいですよ。
それらを見て無駄な部分はありませんか?
無駄遣いをしていたり、買いすぎていたりすることはありませんか?
まずは無駄な部分を省いて行きましょう。

 

そして日常生活の中で節約をしていくことも大事。
例えば電気の消し忘れはないか、水を出しっぱなしにしていないかなどです。
光熱費に関しては節約術がたくさんあります。
ネットで見てみると多くの節約術が載っているので、それを参考にしながら節約していきましょう。
これを続けていくことで借金完済への道が近くなっていきますよ。

借金に困った時に気を付けたい事②

読了までの目安時間:約 2分

gdgaaaf

一つの会社から借金をしている人は、借金の返済に困ってもコツコツと返済していく必要があります。
毎月の収入から地道に返済していけばいつかは完済できるので、返済額を調整しながら完済を目指しましょう。
ただ複数の会社から借金をしている人は、コツコツと地道に返済なんてことは言ってられませんよね。
毎月の返済に追われてもう無理・・なんて思っているでしょう。
そんな時に気を付けておきたいのが返済の優先順位。
これを決めておけば気持ち的にも頑張ろうと思えるので、まずは自分が持っている借金について注目してみましょう。

 

借金の返済の優先順位は、金利が高いものが一番です。
金利が高いということは、借入期間が長引けば長引くほど支払う金利も多くなります。
そうなれば払う分だけ損をしてしまうので、まずは金利高い借金を優先的に返すようにしてください。

 

もしいずれも金利が一緒なら、借入残高が少ないものを優先していきましょう。
借入残高が少ないということは、それだけ完済までの道が近いということ。
一つを完済できれば気持ち的にも随分と楽になります。
また一つの借金が減ることでお金にも少し余裕が出るでしょう。

 

借金に困った時に気を付けておきたいことはいくつもあります。
もう返済が出来ないと思った時は債務整理を行いましょう。
まだ大丈夫であれば地道にコツコツと返済していくようにしてくださいね。

借金に困った時に気を付けたい事①

読了までの目安時間:約 2分

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

借金に困った際、あなたならどんな手段を取りますか?
一番いいのはコツコツと返済をしていくことです。
しかし返済できない状態になってしまったら、債務整理を考えなければなりません。
借金の額によって行う債務整理は変わりますが、多額であれば自己破産をします。

 

自己破産は借金の支払い義務がなくなりますが、その際に注意しておきたい点も。
それは税金についてです。
ではそのことについて詳しく紹介しましょう。

自己破産をすれば持っている借金の支払い義務をなくすことができます。
そのため自己破産後は新たなスタートを切る事が出来るのです。
しかしその借金の中に税金は含まれていません。
つまり税金に関してはきちんと支払っていく必要があるわけです。
税金にも色々と種類があります。

 

市民税・年金・国民保健など様々な種類があり、それらは借金に分類されません。
ですので自己破産後に第一に考えたいのが税金について。
税金はきちんと納めていかなければならないものです。
場合によっては支払いを免除されることもありますが、それには申請が必要です。
どうしても払えない場合はきちんと役所に行って相談しましょう。
税金だけは滞納しないように気を付けてくださいね。

返済シュミレーションって使った方が良い?

読了までの目安時間:約 2分

mobile

消費者金融などで借入をしたことがある人は、その会社のホームページを見たことがあると思います。
その際に返済シュミレーションというものも見たのではないでしょうか?
返済シュミレーションとは、借入額に応じてどれくらい返していけばいつまでに返済が終わるのかを知ることができます。
このシュミレーションを使わない人も多いと思いますが、使った方が良いのでしょうか?

 

この返済シュミレーションを使うことで、返済の計画を立てることができます。
少額の融資で来月には全額返済できるというのであれば構いません。
ただ多く借りている場合は長期にわたって返済していくと思います。
その場合、返済計画を立ててそれ通りに返済していくことでスムーズに返済が進むのです。

 

返済シュミレーションを使わずにただ毎月返していくのもいいですが、その場合は返済が思うように進まないこともあるでしょう。
またいつになったら返済が終わるのかと返済が嫌になってしまうことも。
シュミレーションをしておけばいつまでに完済できるかがわかるので、それを目標に返済していくことができます。
完済するまでのやる気にもつながるので、シュミレーションをしておいた方がいいのです。

 

もし借入の機会があるのなら、ぜひ借入前に返済計画をたてておきましょう。
そうすれば完済まで一気に進みますよ。

借金の主な返済法

読了までの目安時間:約 2分

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_s

借金をしていれば毎月返済をしていくのは当然のことです。
これは誰もが知っていることですが、時には返済ができないこともあるでしょう。
また何らかの理由で借金の返済が難しくなり、もう返せない状態に陥る可能性も。
そうなった時に心配になるのが督促です。
長らく督促を無視しているとブラックリストに載ったりと大変なことになります。
しかし返せないのですからどうしようもありませんよね。
その場合は借金を返済する方法について考えましょう。

 

一番いいのは仕事をして毎月の収入の中から返していく方法です。
これが基本ですが、それができない場合は返済できません。
その場合は他の金融業者から返済額を借りたりせずに、債務整理をしましょう。
他の業者から借りると自転車操業となりますので、借金が増えるだけで何の解決にもなりませんよ。

 

債務整理にはいくつかの種類がありますが、最も多く利用されているのが任意整理です。
任意整理を行えば借金の減額ができますし、返済も随分と楽になります。
ただ借金の額によっては自己破産をおすすめします。
もう借金が返せないほどのがくになってしまったのなら自己破産をしておきましょう。
借金の返済義務がなくなるので、新たなスタートを切ることができますよ。

金利の計算の仕方

読了までの目安時間:約 2分

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

借金問題で困ったら債務整理という方法があります。
借金の額によってどの方法を使うかが決まりますが、もし過払い金があれば過払い金請求、または任意整理を行いましょう。
払い過ぎた利息が返ってくる可能性もありますし、今現在の借金がなくなる可能性もあります。
借金が残っても減額することができますので、まずは金利について計算してみましょう。

 

金利を出すには計算方法があります。
借入額×実質年率÷365×返済までの期間です。
こう見ると難しそうですが、当てはめていけばいいだけなので簡単に割り出せます。
では例を紹介しましょう。
例えば10万円を実質年率18.0%で30日間借りたとします。
その場合は10万円(借入額)×18.0%(実質年率)÷365×30日(返済までの期間)=4000円となるのです。
つまり10万円を30日借りるなら利息として4000円追加で支払わなければならないということになります。

 

この計算式に当てはめれば支払った金利についてもわかります。
過払い金について調べるにはまずは借りていた会社から借入期間の履歴をもらわなければなりません。
これは請求すれば発行してくれるので、もらっておきましょう。
そして計算してみて、過払い金があれば必ず過払い金請求を行うことをおすすめします。

弁護士への相談で悩んでいる人

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

借金問題で悩んでいるけど、誰にも相談できない・・。
そういった悩みを抱えている人はとても多くいます。
弁護士に相談すれば借金の整理について相談もできるのですが、弁護士に相談することを躊躇う人も多いのです。
その理由はいくつかありますので、紹介していきます。

 

一つ目は弁護士費用について。
弁護士に相談する=高額なお金がかかる。
こう思っている人も多いのではないでしょうか?
確かに弁護士に相談すれば依頼にかかる料金を払わなければなりません。
しかし相談すれば分割払いにもしてくれますので、すぐに用意する必要もないのです。

 

二つ目は弁護士に相談することが敷居が高いと感じていること。
弁護士に相談なんてしてもいいの?と思っている人は多くいます。
借金問題は立派な相談内容です。
弁護士に相談しても何ら問題はありません。
むしろ借金について本当に悩んでいるのなら、法律のプロである弁護士にお任せするのが一番なんですよ。

 

もしこれらのことで悩んでいるのなら、気にせず無料相談を受けてみましょう。
きっとあなたの悩みも解決します。
一番いけないことは一人で悩みを抱え、督促を無視し続けることです。
ずっと無視していると大変なことになりますので、そうなる前に必ず相談してくださいね。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報