借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » アーカイブ

給料の差押えは回避できる?

読了までの目安時間:約 2分

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

賃金業者から借金をしており、その返済を長く延滞している場合は後々大変なこととなります。
長く延滞していれば、強制的に支払ってもらうために給料の差押えなどが行われるのです。
この給料の差押えですが、すぐに行われるわけではありません。
訴訟を起こし、裁判所に訴えかけてから差押えを実行するのです。
この訴訟を起こされたら、債務者に訴状が届きます。
その届いた時点で行動しておくことが差押えを回避する最後のチャンスです。
これを逃せばまず回避することは不可能でしょう。

 

しかしこの最後のチャンスまで待たず、その前に行動しておくことが大事です。
例えば訴状が届くまでにもかなりの時間があると思うので、それまでには督促が行われていると思います。
その際に少しでも支払いをすること。
もし無理そうなら賃金業者に連絡して支払を待ってもらう事。
こうした行動を取ることが差押えを回避するきっかけとなります。
何もせずに放置するだけでは差押えを待っているだけとなります。

 

もし訴状が届く事態になれば、すぐに弁護士に相談しましょう。
そうすれば差押えを回避できるかもしれませんよ。
訴状が届いた際は答弁書などを作成して出頭する必要があります。
これは弁護士に依頼すればすべてを代理してもらえるので、不安な人は弁護士にお任せしましょう。

給料の差し押さえについて

読了までの目安時間:約 2分

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_s

借金を長期にわたって滞納している場合、債権者から給料の差押えが行われる可能性があります。
この差押えが行われると債務者は大変なこととなります。
給料は生活費としてとても大事なものです。
それが取り上げられるとどう生活すればいいのかと困ってしまいますよね。
ですのでこれを回避したいと思うかもしれませんが、差押えの通知を無視し続けていればある日急に差し押さえられていたなんてこともあるのです。

 

給料の差押えは給料全額が取られるわけではありません。
全額差し押さえることは禁止されています。
給料の四分の一しか差し押さえてはならないという決まりがあるのです。
しかしこれはどれだけ滞納しているかなどによっても変わってきます。
ですので四分の一を超える額を差し押さえられることも当然あるのです。

 

給料の差押えが行われるまでには時間がかかります。
賃金業者に滞納している場合は訴状が届くと思うので、その時点で行動を取っておかなければ差押えはどんどん進みます。
差押えをされると生活費が維持できないなどのことがあるので、訴状が届いたら弁護士に相談して差押えを回避しましょう。
訴状が届いても無視していれば、そのまま差押えが進んでいつの間にか給料がほとんど入っていないなんて事態になりかねませんよ。

裁判所から訴状が届いたら

読了までの目安時間:約 2分

79668d5e1066e8c15d63e3855ac47129_s

いきなり裁判所から訴状が届いたら、誰もが驚くと思います。
しかし心当たりはあると思います。

 

借金をしていて、長期にわたって滞納していませんか?
賃金業者は滞納が長期になれば訴訟を起こす可能性があります。
その訴状が届いても何もせずにいれば、賃金業者の訴えが認められて給与の差押えや口座の差押えが行われることとなるのです。
ですので訴状が届いたら無視せずに、手続きを取ることが大事です。
手続きとは答弁書を出すことです。
答弁書には訴状の内容に反論する内容でなければなりません。
それには法律に関する専門的な知識などが必要となるので、自分で作成するにはとても難しいと言えるでしょう。
ですので訴状が届いたら、まずは弁護士に相談してください。
弁護士なら本人の代わりに答弁書の作成が可能です。
また答弁書を持って本人の代わりに裁判所に出頭することもできます。
ただ全てを任せてしまうと費用も高くなります。
ですので答弁書の作成は任せて出頭は自分がする。
または答弁書の作成も出頭した際の対応などを相談し、自分一人で行う。
こういった方法もあります。

 

これは本人が希望することを弁護士に伝えましょう。
訴状が届いても無視することが一番良くないので、きちんと対応してくださいね。

総量規制について

読了までの目安時間:約 2分

6018d0a86ea60972ab7aee1ec47e4759_s

総量規制という言葉を聞いたことがありますか?
これはお金の借入に関する法律の事です。
もし今後消費者金融で借入する機会があるのなら、この法律の事を知っておきましょう。
この法律は、借入は年収の三分の一までしかできないというもの。
例えば年収が300万だとしたら、100万までしか借りることができないのです。
そしてこれは一社に付き100万ではありません。
個人のトータルの借入額のことです。
ですので複数の会社で借金をしている人は、総借入額が100万を超えればそれ以上を借りることができません。
消費者金融などで借り入れをする際、初めに他の会社から借入はあるかということが聞かれると思います。
それはこの総量規制に関わるので、最初のうちに質問をしているのです。
ここで嘘をついて他社から借入をしていないと言っても、ちょっと調べればそれはすぐにばれてしまいます。
嘘の情報があるとわかると借りられなくなるので、その点の記入はうその内容にしてください。
もし現時点で年収の三分の一を超える額を借りているのなら、総量規制の対象外の場所で借りればいいのです。
対象外の場所は銀行があります。
銀行の借入には関係ありませんので、他社から借りていても借りることができます。
ただあまりにも借入件数が多いと、それが原因で借りることが出来ない場合も。
ですので複数の借入がある場合はおまとめローンなどで一本化することをおすすめします。

ブラックリストに載ったらどんなことができなくなる?

読了までの目安時間:約 2分

gdgaaaf

ブラックリストという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。
ブラックリストというものは存在しませんが、信用情報に傷がつくことを俗にブラックリストに載ると言います。
このブラックリストに載るには金融事故を起こしていたり、債務整理などを行ったことが原因として挙げられます。
ではブラックリストに載ってしまうとどんなことができなくなるのでしょうか?
まず借入ができません。
これは消費者金融でも銀行でも同様です。
中小の消費者金融の中にはブラックOKというところもありますが、大手となるとまず借りることができません。
中小でブラックOKというところの中には闇金が紛れている可能性もあるので、注意が必要です。
次にクレジットカードを作ることができません。
クレジットカードを作るにしても審査があり、審査の際には信用情報を確認します。
その際にブラックであることがわかれば、お断りされる可能性がとても高いです。
最後にローンを組むことができません。
車や住宅などを購入する際はローンを利用しますよね。
しかしブラックの場合は上記と同じく信用情報を確認された時点でアウトとなるケースが多いのです。
このようにブラックリストに載っていると、お金に関することはほとんどできなくなります。
傷がつかないようにしておきましょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報