借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » アーカイブ

過払い金請求に関する費用

読了までの目安時間:約 2分

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

最近テレビでよく耳にする過払い金請求ですが、過払い金があるという人はとても多いもの。
これまでにも数多くの人が過払い金請求を行っていますが、それでもまだまだ請求をしていないという人の方が多いでしょう。
この過払い金請求は自分で行う事も可能です。
しかしその場合は自分で過払い金がどれくらいあるかを調べ直さなければなりませんし、金融機関との交渉も全て自分で行うことになるのです。
ですので自分で行うことは面倒でもありますし、交渉の話術が必要だということを覚えておきましょう。
一番スムーズに進むのが専門家に依頼することです。
専門家とは司法書士や弁護士のことを言います。
どちらも着手金不要としているところが多いので、初期費用はまず掛からないと考えていいでしょう。
必要なのは成功報酬です。
成功報酬は大体が取り戻した金額の20%を設定しています。
これは弁護士にしても司法書士にしてもそうです。
20%以下の設定をしているところもありますので、なるべく多く取り分が欲しいのならそういった事務所を探してみましょう。
当サイトでもいくつか事務所を紹介しており、どこも過払い金請求に対応しています。
事務所の検討がつかない場合は当サイトで紹介している事務所に依頼してみてはどうでしょうか?

借金をしている人は結婚前に完済

読了までの目安時間:約 2分

huyou

借金をしているけど、結婚を控えているという人も多いのではないでしょうか?
誰でも借金のことをパートナーに打ち明けるのは勇気がいるもの。
結局勇気が出せずに結婚してしまい、結婚後にバレるということが最も多いでしょう。
借金のことは相手からの信用を一気に失う恐れがあります。
この人と一緒にいてもいいのだろうかと思わせるのです。
ですので借金は結婚前にきちんと完済しておくことが重要です。
完済してしまえば相手に隠すことはありません。
堂々と結婚に踏み切れるので、自分自身も楽になれますよ。
まずは完済を目標に、返済計画を立てましょう。
返済計画はできれば結婚前に完済することを心がけてください。
月々の返済額を多くすることで完済が近づいてきます。
日々の出費や収入を計算し直し、返せる額を把握しましょう。
もし完済できそうにない金額なら、債務整理がおすすめ。
債務整理をすることで借金の減額が可能です。
また任意整理なら依頼終了後は金利がかかりません。
減額された分だけを支払っていけばいいので、今よりもぐっと返済の負担が軽くなるのです。
ただ任意整理を行うとブラックリストに入るなどのデメリットも。
このデメリットを理解し、それでも任意整理が必要であれば専門家に依頼して早急に行いましょう。

借金のある人と結婚はできる?

読了までの目安時間:約 2分

41d0394f9284db86da32e2e317d54e5f_s

借金をしている人は多くいます。
それは中年世代だけではありません。
20代などの若い世代でも借金をしていることが多々あるのです。
20代というと、結婚を控えている世代でもあります。
現在結婚目前という人も多いかもしれませんね。
そこで気になるのが借金の存在。
交際している時にわざわざ借金があることを明かす人なんていないと思います。
しかし結婚となると話は変わりますよね。
結婚後は財布を一つにまとめるカップルも多いので、そうなると借金のことは当然バレるでしょう。
もしバレたらどうなると思いますか?
運が良ければ相手から許してもらい、それから二人で頑張って返済という形。
運が悪ければ信用を一気に無くし、離婚という形。
これがどちらに転ぶかはわかりません。
しかし借金があるというのはプラスにはなりません。
確実にマイナスになりますし、許してもらえてもお金の面では信用を無くすでしょう。
ですので借金がある人は、結婚前に完済しておくことをおすすめします。
完済できそうになければ債務整理をして借金の整理をすること。
それなら完済も近づいてくるので、一気に返してしまいましょう。
完済してしまえば相手に隠し事もなくなるので、迷いなく結婚に踏み切れますよ。

借金の時効を待つことは可能?

読了までの目安時間:約 2分

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

借金を抱えている人は、借金の時効についてご存知でしょうか?
借金にも時効があり、一定期間権利が行使されなければ時効が成立し、借金を支払わずに済むのです。
これを知れば誰もが時効を待とうと考えますよね。
しかし金融機関からの借金の時効は5年です。
5年もの期間、督促から逃げ切れると思いますか?
逃げきろうと思えば逃げ切れるかもしれませんが、金融機関が時効の中断を行えば時効の期間は一度リセットされます。
それを何度も行えば延々と借金の時効が伸びていくので、結局は逃げ切ることなんてできないのです。
では時効の中断について説明しましょう。
時効の中断とは、時効の進行を止めることを言います。
そしてそれまでの期間をリセットし、再度時効が進行し始めます。
つまり2年ほどの期間がたった頃に時効の中断を行われると、そこから更に5年たたなければ時効が成立しないということ。
では時効の中断とはどのようなものでしょうか?
まず一つ目に請求があります。
これは訴訟を起こされたり、調停の申し立ての請求があれば時効の中断となります。
これは何度督促しても返済がない場合に行われるものです。
裁判所から通知が届くので、本人も確実にわかると思います。
二つ目は債務を承認すること。
時効が進行している期間に一度でも返済を行うと、そこで時効の中断となります。
つまり返済した日からまた5年の期間を要するということです。
三つめは差押えです。
差押えは銀行の口座や給与などがあります。
それらの差押えが行われるとそこで時効が中断します。
このように時効を待つことはまず不可能と考えていいでしょう。
返済に困っているのなら、時効を待つことではなく他の解決方法を探してみてくださいね。

借金の時効について

読了までの目安時間:約 2分

b81b87cb8795f2f234df959fe3d0d084_s

借金には時効があることをご存知ですか?
この時効を知り、時効が成立するまで借金を払わずにいようと考える人も多いと思います。
しかしそれはとても困難なことです。
なぜなら時効を成立させるには長い月日と条件があるからです。
ではまず時効について説明しましょう。
まず時効には取得時効と消滅時効の二つがあります。
ここでは消滅時効について紹介します。
消滅時効とは、債権を一定期間行使しない場合に成立するものです。
一定期間とは、誰から借りたかによって変わります。
家族・友人などの個人での取引の場合は10年。
銀行や消費者金融などとの取引は5年となります。
大体の人は銀行や消費者金融からの借入で返済に困っていると思うので、5年と思っておきましょう。
では5年間逃げ切ればいいのかというと、その通りです。
しかし5年間逃げ切るのはまず不可能だと思っておいてください。
時効は5年間、権利が行使されなかった場合でないと成立されません。
権利を行使することを時効の中断と言い、時効の中断を行う事でそれまでの期間を帳消しにすることができるのです。
ほとんどの金融機関は時効が成立する前にこの時効の中断を行います。
ですのでまず時効を成立させることは不可能だと思っておきましょう。
借金に時効があることがわかれば、それまで逃げ切ろうと考えてしまう物。
しかし上記に書いたように時効を成立させることはまず無理なので、返済に困っているのなら早めに債務整理を行いましょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報