借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » アーカイブ

自己破産はどれくらの借金があればできる?

読了までの目安時間:約 2分

kijyun

借金が多額になり、支払えないなと思ったら自己破産の手続きを取るという方法があります。
自己破産は免責が下りることで支払い義務がなくなるので、借金がゼロになるというものです。
これは最大のメリットですが、その他にデメリットが多いのが自己破産の特徴。
なので自己破産を進んでしたいという人もいないでしょう。
ただ中には借金がなくなるのなら、デメリットもあって構わないという人もいます。
では自己破産は誰にでもできるものなのでしょうか?
自己破産とは、今後支払不能になる恐れがある場合、つまり支払いができなくなる人が行える手続きです。
ですので借金の額は関係ありません。
借金の額が50万程度でも数百万でも、支払う能力が認められれば自己破産ができないというわけです。
逆に少額でも支払う能力がないと認められれば自己破産ができます。
自己破産は誰にでもできるものでもありません。
そして借金はゼロになりますが、その分失う代償もとても大きいものです。
できれば自己破産はせず、他の債務整理で問題を解決するようにしましょう。
債務整理には他にいくつかの手続きがあるので、そちらも調べてみると良いですよ。
当サイトでは債務整理について詳しく紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてくださいね。

借入・返済を繰り返す人

読了までの目安時間:約 2分

6018d0a86ea60972ab7aee1ec47e4759_s

カードローンを利用している人も多いでしょう。
カードローンは借入と返済を提携のATMでカード一枚で行えます。
とても便利な物なので、ついつい借りすぎてしまうというデメリットも。
そしてカードローンのカードで借入と返済を何度も繰り返す人も多くいます。
借入と返済を何度も繰り返すのは、それだけ完済を遅らせているということ。
借金がどんどん膨らんでいる可能性もあります。
もちろん借入には上限がありますが、上限は増えていくこともあるので、それと共に増やせば高額の借入となります。
借入と返済を繰り返す人は、すぐにそれを止めましょう。
完済してしまえば返済する必要がなくなるので、返済していた額を自由に使うことができます。
借入が必要なくなるので、すぐにでも完済することが重要ですよ。
いつまでもそれを続けていれば、借金はどんどん増えるどころか返す利息も多くなります。
それではもったいないと思いませんか?
いち早く完済して、返済に回していたお金を自由に使う。
これが最も良い方法ですよ。
毎月の出費を確認し、余るお金があれば返済に回しましょう。
そうすれば早めに完済することが可能です。
可能なら返済計画を立てることもおススメします。
計画通りに返済すれば完済が近づきますよ。

借金があることでの精神的なデメリット

読了までの目安時間:約 2分

gdgaaaf

借金があると精神的にもツライことが多々あると思います。
特に毎月の返済日は憂鬱ではないでしょうか?
返済日の前日にはきちんと返済額を用意しておかなければなりません。
そして振り込みなどをして返済する必要があります。
これがずっと続けば、まだ返さなくてはいけないのか、いつになったら終わるのかと精神的にデメリットがあるのです。
また給料日にも憂鬱になるでしょう。
せっかく頑張って働いたのに、給料は借金の返済に充てなければならない。
こうなると自分へのご褒美を買うこともできません。
それでは不満が溜まるのも当然でしょう。
こういったお金に関することで、多くの精神的負担があります。
ですので借金は早めに返済してしまう事が大事。
そうしないといつまでも返済を続け、それと共にストレスや不満も溜まります。
早めに完済してしまえば、その分精神的ストレスから解放されます。
もし今借金があるのなら、完済までは無駄遣いをしないことを決めてどんどん返済していきましょう。
月に余ったお金があれば、それをすべて返済に回してください。
そうすることで完済が近くなり、近いうちに借金はなくなってしまうでしょう。
完済してしまえば自分へのご褒美を買うこともできるので、それまでの辛抱ですよ。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報