借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » 借金相談の方法 » 

弁護士への相談で悩んでいる人

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

借金問題で悩んでいるけど、誰にも相談できない・・。
そういった悩みを抱えている人はとても多くいます。
弁護士に相談すれば借金の整理について相談もできるのですが、弁護士に相談することを躊躇う人も多いのです。
その理由はいくつかありますので、紹介していきます。

 

一つ目は弁護士費用について。
弁護士に相談する=高額なお金がかかる。
こう思っている人も多いのではないでしょうか?
確かに弁護士に相談すれば依頼にかかる料金を払わなければなりません。
しかし相談すれば分割払いにもしてくれますので、すぐに用意する必要もないのです。

 

二つ目は弁護士に相談することが敷居が高いと感じていること。
弁護士に相談なんてしてもいいの?と思っている人は多くいます。
借金問題は立派な相談内容です。
弁護士に相談しても何ら問題はありません。
むしろ借金について本当に悩んでいるのなら、法律のプロである弁護士にお任せするのが一番なんですよ。

 

もしこれらのことで悩んでいるのなら、気にせず無料相談を受けてみましょう。
きっとあなたの悩みも解決します。
一番いけないことは一人で悩みを抱え、督促を無視し続けることです。
ずっと無視していると大変なことになりますので、そうなる前に必ず相談してくださいね。

個人再生のデメリット

読了までの目安時間:約 2分

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

債務整理の中に個人再生という手続きがあります。
これはマイホームを所有しており、そのマイホームを手放したくない人におすすめの手続き方法です。
自己破産の場合は借金の支払い義務がなくなる代わりにマイホームなどの高価な財産を手放す必要があります。
しかし個人再生は大幅な借金の減額の代わりに、マイホームを手放す必要がないのです。
では個人再生のデメリットについて紹介しましょう。

 

一つ目はブラックリストに載る事。
債務整理をすれば避けられないのがブラックリストです。
個人再生の場合は5~10年掲載されると言われており、この期間は新規の借入などができません。

 

二つ目は国が発行する官報に名前などが掲載されること。
これも自己破産同様ですが、官報に住所・名前が掲載されます。
一般の人は見る機会はありませんが、見られた場合は債務整理をしたことはすぐに知られてしまうでしょう。

 

三つめは毎月の収入があること。
個人再生は大幅な借金の減額です。
ですので個人再生終了後も、継続して借金を返済していく必要があります。
現在安定した収入がない場合は個人再生を行うことが出来ませんので注意してください。

 

また個人再生はマイホームを手放す必要がありませんので、住宅ローンもそのまま残ります。
住宅ローンは個人再生の対象に入りませんので、減額もされません。

自己破産のデメリット

読了までの目安時間:約 2分

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

借金の額が高額で、この先返済が出来なくなりそうな時は自己破産を行うことをおすすめします。
自己破産を行い、免責が下りれば支払い義務は消失します。
つまり借金がゼロになるので、新たなスタートを切れるというわけです。
しかしこの自己破産、デメリットも多いもの。
ここでは自己破産のデメリットについて紹介するので、今後の参考にしてくださいね。

 

まず一つ目はブラックリストに載ること。
これはどの債務整理を行っても必ず起こることですが、自己破産の場合は10年ほど載るとされています。
つまりその期間は新規の借入などはできないので要注意です。

 

二つ目は国が発行する官報に名前が掲載されること。
自己破産をすると、住所や名前が官報に掲載されます。
一般の人は見る機会もありませんが、万が一誰かに見られれば自己破産したことがバレてしまいます。

 

三つめは職業制限があること。
自己破産を行うと職業制限をされます。
一部の職に就けなくなりますし、現在その一部の職種に就いている人は退職して新たな仕事を探さなければなりません。

 

メリットも大きいですが、デメリットも相応に大きいのが自己破産です。
行う際は慎重に考えてからにしましょう。
わからない場合は弁護士に相談してみることをおすすめします。

任意整理のデメリット

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

債務整理の中でも最も利用者が多い任意整理。
複雑な手続きが必要ありませんし、借金の減額が出来ることからちょっと借金に困っているという人が行うものです。
しかしこの任意整理を行うにあたって、デメリットもあります。
困っている場合はこのデメリットを踏まえて任意整理を行うといいでしょう。
ではそのデメリットについて紹介します。

 

まず一つ目はブラックリストに載ることです。
新規の借入・クレジットカードの申込み・ローンを組むことができなくなります。
これは約5年間続くとされているので、その間は上記のことができないと思っておきましょう。

 

二つ目は他の債務整理と比べて、減額する額が高くない事。
自己破産は支払い義務の消失、個人再生は大幅な借金の減額が可能です。
しかし任意整理は過払い金の有無によって借金がどれだけ減額するかが変わります。
過払い金がなければ減額もできませんので、その点もデメリットと言えるでしょう。

 

三つめは任意整理に応じる会社と応じない会社があること。
以前までは専門家が任意整理を行えばスムーズに進んだのですが、最近は専門家でも難航するケースが増えているようです。
最悪の場合は任意整理ができずに、何も変わらないまま依頼料だけがかかったなんてことも。
事務所選びは慎重に行いたいですね。

債務整理を自分で行うには

読了までの目安時間:約 2分

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

債務整理を自分で行いたいと考える人もいると思います。
債務整理は自分でもできます。
ただ中には手続きが複雑で、途中で断念してしまうことも。
複雑なのは個人再生と自己破産です。
任意整理や過払い金請求は自分でもできるので、そちらを紹介しましょう。

 

どちらもまずは過払い金があるかを調べます。
借りている、または借りていた会社に取引履歴を請求します。
それが届いたら過払い金があるかを調べるのですが、ネットには必要な情報を入力すれば過払い金があるかを調べることができるものがあります。
自分で調べるとなると大変なので、そちらを利用するといいでしょう。

 

過払い金があれば後はその会社との直接交渉です。
過払い金があるのでそれを返還することを交渉し、和解できれば返還日の指定や返還金額を決めることとなります。
これらがスムーズに行けばいいのですが、素人が一人でやるには困難な物。
なぜかというと、相手が法律家でないとわかったら過払い金を全額返すことを渋ってくるからです。

 

ほとんどの金融機関は60%~70%の返還で和解に応じると提案してきます。
これが司法書士や弁護士が相手となると、全額の返還にあっさり応じてきたりもするのです。
ですのできちんと金融機関と戦えるというのであれば自分で行った方がいいのですが、それが無理そうだと感じるなら初めから専門家にお願いした方がすぐに済みますよ。

個人再生とは?

読了までの目安時間:約 2分

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

債務整理の中に個人再生というものがあります。
これは自己破産に内容が近いですが、一番大きい違いはマイホームを手放さなくてもいいという点。
また自己破産は借金がゼロになりますが、個人再生は大幅な減額です。
ですので借金はゼロではなく、ある程度残るものと考えておきましょう。
では個人再生について詳しく紹介していきます。

 

個人再生は総借金額の5分の1を三年間で返済していく手段です。
この総借金額には住宅ローンは含まれませんので、それを抜いた借金額ですね。
マイホームを維持できるので、住宅ローンは今までと変わらずに返済していくこととなります。
またこの個人再生は自己破産同様、誰でも出来るわけではありません。

 

・今後返済できなくなる恐れがある人。
・毎月安定した収入がある人。
・住宅ローン以外の総借金額が5000万以下なこと。
この三つを満たしていれば個人再生をすることができます。

 

個人再生にもデメリットがあります。
ブラックリストに載る事・官報に名前が掲載されること・手続きが難しいことです。
個人再生は債務整理の中でも特に手続きが難しいとされています。
ですのでこれを行う際は司法書士や弁護士にお願いしましょう。
そうすれば手続きもスムーズに行うことができますよ。

自己破産とは?

読了までの目安時間:約 2分

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s

債務整理の中に自己破産というものがあります。
自己破産は最終手段ともいえる方法で、借金がゼロになる代わりに多くのリスクを背負うことになります。
また簡単に出来るものでもありませんし、自己破産をするには裁判所から認められることが前提です。
ですので誰でもできるものではないと考えておいてください。

 

自己破産が出来るのは、現在、また今後借金を返済できなくなる人だけです。
これは自分の判断ではなく、裁判所が判断しますので自分の判断だけでは自己破産は行えません。
そして自己破産をする場合は所持している財産のほとんどを失うと考えておきましょう。
車や土地、マイホームなどの高額な財産は当然没収されます。
それを売却し、売却したお金を債権者に分配するのです。
もちろん当の本人には一銭も入りません。
家具などに関しても価値があると思われるものは売却されます。
しかし全てを失うわけではなく、最低限の生活は保障されます。
ですので全くの無一文にはならないので安心してくださいね。

 

その他にもブラックリストに載る・官報に名前が掲載される・職種制限されるなどのデメリットがあります。
自己破産はメリットよりもデメリットが断然多い債務整理です。
なので本当に追い詰められていて、もう返済できないという状態の時に考えましょう。

任意整理とは?

読了までの目安時間:約 2分

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

債務整理の中に任意整理というものがあります。
この任意整理を行う人はとても多いので、一度くらい耳にしたことがある人もいるかもしれませんね。
しかし聞いたことはあってもどんなものかわからないという人も多いでしょう。
では任意整理について詳しく説明していきます。

 

この任意整理とは、これまでに過払い金があるかどうかを調べ、過払い金があればそれを借金の返済に充てることができるというもの。
つまり過払い金の額だけ借金が減るということですね。
額によっては借金がゼロになることもありますし、借金がゼロになった上にお金が戻ってくる可能性もあります。
では過払い金がなければ任意整理はできないの?と言うとそうではありません。
過払い金がなくても任意整理は可能です。
その場合、借金の減額は当然できません。
しかし依頼終了後からの返済には利息がつきません。
ですので残った元金だけを返済していくという形になります。
これだけでも充分負担は減りますので、返済も楽になりますよ。

 

ただこの任意整理を行う事で、ブラックリストに載ってしまいます。
ブラックリストに載ると約5年間は新規の借り入れやクレジットカードの申込み、ローンを組むことができなくなります。
新たな借金をしないためとポジティブに考えて乗り切りましょう。

債務整理とは?

読了までの目安時間:約 2分

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

債務整理と言う言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
これは借金を整理するための手段で、行うことで借金が減額されたり支払い義務がなくなったりします。
債務整理には四つの種類があるので、どの方法を行うかによってそれが決まるのです。

 

債務整理は任意整理・自己破産・個人再生・特定調停の四つです。
一番多いのは任意整理を行う人です。
任意整理をすることで借金が減額されますし、依頼終了後は金利がつかないので残った元金だけを返していけばOK。
もし過払い金が多くあれば借金がゼロになる可能性もあります。
過払い金があるかもという人は、ぜひこの任意整理を行ってください。

 

次に多いのが自己破産。
自己破産は免責が下りれば借金の支払い義務がなくなります。
つまり借金がゼロになるということ。
ただその分デメリットも多く存在するので、自己破産をする際はよく考えてからにしましょう。
また免責が下りない可能性もあるので、その点は弁護士とよく話し合うことをおすすめします。

 

借金を抱えていて返済に困っている人は、一度司法書士や弁護士に相談してみましょう。
債務整理をした方が良いと判断されれば、そのまま依頼することをおすすめします。
いち早く相談することがあなたのためになりますよ。

借金問題メール相談

読了までの目安時間:約 3分

mobile

借金をしている人は毎月決まった額を返済していると思います。
順調に完済まで返済できればいいのですが、時にはそれが上手くいかないことも当然あるでしょう。
返済が困難になるまで陥ったら、まずは専門家に相談することが大事です。
相談は弁護士や司法書士に行う事が望ましいと言えます。
弁護士や司法書士が在籍する事務所であれば時間が空いている時に直接行くこともできますし、電話で相談することもできます。
しかし平日は夜遅くまで仕事をしているので時間がないという人も多いでしょう。
また初めから直接会ったり電話するのはちょっと・・と考える人も当然います。
そんな人におすすめなのがメール相談です。
大手の事務所であれば多くのところがメール相談可となっているので、時間を気にすることなく相談ができますよ。
初めから会うのが怖いという人にもおすすめの方法です。
もしメール相談をしていくうちに信頼できるなと思ったら、直接事務所に出向いてみましょう。
最寄りに事務所がなければ、事務所側が出張面談を行ってくれるのでその日程に合わせて面談を行ってください。
借金問題は簡単なものではないので、相手をどれだけ信頼できるかも重要な点です。
メール相談で信頼できるかどうかを確かめ、信頼できると思ったら依頼することを決めてくださいね。

 

 

ここで紹介するアヴァンス債務整理ではメール相談も可能です。

 

WS000001

 

アヴァンス債務整理は、借金問題に強い事務所です。

借金問題をいち早く解決したいのであれば、今すぐ相談してみてはいかがでしょうか。もちろん相談は無料ですのでご安心ください。

 

 

>>アヴァンス債務整理はこちら<<

 

 

 

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報