借金問題の相談・弁護士相談の【相談市場】借金問題を解決するには » 未分類 » 

裁判所から訴状が届いたら

読了までの目安時間:約 2分

79668d5e1066e8c15d63e3855ac47129_s

いきなり裁判所から訴状が届いたら、誰もが驚くと思います。
しかし心当たりはあると思います。

 

借金をしていて、長期にわたって滞納していませんか?
賃金業者は滞納が長期になれば訴訟を起こす可能性があります。
その訴状が届いても何もせずにいれば、賃金業者の訴えが認められて給与の差押えや口座の差押えが行われることとなるのです。
ですので訴状が届いたら無視せずに、手続きを取ることが大事です。
手続きとは答弁書を出すことです。
答弁書には訴状の内容に反論する内容でなければなりません。
それには法律に関する専門的な知識などが必要となるので、自分で作成するにはとても難しいと言えるでしょう。
ですので訴状が届いたら、まずは弁護士に相談してください。
弁護士なら本人の代わりに答弁書の作成が可能です。
また答弁書を持って本人の代わりに裁判所に出頭することもできます。
ただ全てを任せてしまうと費用も高くなります。
ですので答弁書の作成は任せて出頭は自分がする。
または答弁書の作成も出頭した際の対応などを相談し、自分一人で行う。
こういった方法もあります。

 

これは本人が希望することを弁護士に伝えましょう。
訴状が届いても無視することが一番良くないので、きちんと対応してくださいね。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報